ウーマン

最近人気のワンルームマンション投資について

マンションに投資

マンション

マンション投資はリスクの低い投資と言われていますが、投資用マンションをどうやって選ぶかが重要になります。金融機関の金利が低い今こそ、元手の資金がない人でも、資金を借り入れて事業を始めるチャンスなのです。

Read More...

賃貸経営で有利な方法

積み木

不動産投資で安定した収益をあげるためにはマンション丸ごと一棟投資が最適です。1つや2つの空室が出ても他の部屋の家賃でカバーできます。収益率が高いので銀行からの融資も受けやすくなります。マンション経営の知識がなくても、良い管理会社をパートナーにすれば清掃からメンテナンスまでやってくれます。

Read More...

投資用物件の購入計画

集合住宅

一棟買い向けのマンションを購入している人が高く評価しているのは、入居者が確保しやすい都市部にある1億円前後の物件です。ローンを活用して積極的にマンションを購入したり、古い物件を早めに売却して新しい物件に入れ替えるのが、合理的な賃貸経営のポイントです。

Read More...

不動産で家賃収入を

部屋

首都圏で人気上昇中

みなさんはワンルームマンション投資ということばをご存知でしょうか。ワンルームマンションを購入し、賃貸に出し家賃収入を得ようというのがその基本です。ワンルームですので広さとしては20平米〜25平米くらいのマンションが多くそこまで広くないので、比較的価格も求めやすい価格になっています。もちろん地域によって同じワンルームのマンションでも価格にバラつきがあることはいうまでもありませんが、首都圏、特に東京、神奈川辺りではこのワンルームマンション投資というのは人気が年々上がっています。立地のよい場所であれば首都圏で9万円前後で賃貸できる場合もありますし、その他の地域でも6万円前後で貸し出せることもあります。

マンションの広さは

では、このワンルームマンション投資よりももう少し大きく稼ぎたい場合にはどうすればいいのでしょうか。もう少し広めの物件を買えば、その分家賃を多くとれるのではないかと考えるかもしれません。その考え方は間違えとは言い切りませんが、かなりのリスクを抱えていることを言わなければなりません。この広いマンションのことを家族3〜4人で住めるという意味で「ファミリータイプのマンション」などということがあります。このファミリータイプのマンションが単純に広さがワンルームマンションの2倍あるから2倍の家賃、3倍あるから3倍の家賃を取れるかというと違うのです。もちろん家賃はオーナーが自由に決めて構わないのですが相場が大幅にかけ離れてしまうのです。投資目的であるならその辺りも考慮しなければなりません。