投資用物件の購入計画|最近人気のワンルームマンション投資について
男性

最近人気のワンルームマンション投資について

投資用物件の購入計画

集合住宅

評判の物件の特色とは

初めて投資用物件を購入する人が選ぶのは、5000万円前後のアパートですが、本格的に不動産投資を行っている人が選ぶのはマンションです。一棟買いに最適なマンションを探すときには投資用物件サイトが便利ですが、特に人気があるのは1億円前後の都市部の物件情報です。賃貸物件への需要が大きな都市部の一棟買い向きのマンションであれば、経験の浅いオーナーでも満室経営が容易に実現可能でしょう。利回りを重視しながら築20年前後の物件を選ぶ人も多いですが、近年とりわけ注目されているのは、築10年以内の新しい一棟買い物件です。比較的新しい投資用マンションは管理コストが割安であり、オーナーも十分な家賃収入が得られるのが、高く評価されている理由です。

効率的な投資手法

合理的な経営スタイルを実践している賃貸オーナーが取り組んでいるのは、ローンを活用した積極的な物件の購入です。銀行が融資する投資向けのローン金利が1パーセント前後まで下落しているので、マンションの一棟買いで積極的に投資を行う良いチャンスです。建設されてから30年以上が経過した物件は稼働率の低下と修繕費のアップという事情もあり、早めに売却して新しい物件に入れ替えるのが理想的です。不動産相場が相対的に割安なエリアを探して、利回りを重視しながら良い物件を見つけ出すのが、経験豊富な不動産投資家のテクニックです。複数の管理会社の見積もりを比較して、割安な業者にメンテナンスを依頼するのが、合理的な賃貸マンション経営の基本です。