賃貸経営で有利な方法|最近人気のワンルームマンション投資について
男性

最近人気のワンルームマンション投資について

賃貸経営で有利な方法

積み木

銀行の融資が受けやすい

不動産投資といえばアパートやマンション経営です。サラリーマンやOLでも不動産投資できるのが、ワンルームマンションです。ワンルームを購入して賃貸経営するというやり方です。しかし土地や資産がある場合は、マンション丸ごと一棟を賃貸経営した方が有利です。何が有利かというと、マンション一棟投資の場合は銀行からの融資が受けやすくなるのです。マンション一棟の場合は入居者の数が多いので収益率も高くなります。そのため銀行も融資がしやすいのです。マンション投資のリスクは空室が出ることですが、一棟経営なら部屋数が多いので1つや2つが空室になっても他の部屋の家賃でカバーできるのです。この点はワンルームマンションと大きく違うメリットです。

管理会社の選び方が大切

投資と名前がつくと専門的な知識が必要と思い込みがちですが、不動産投資の場合は適切なパートナーを選ぶことによって、誰でもオーナーになれるのです。アパートやワンルームマンション投資ならオーナー自身で管理運営ができます。しかし一棟投資となると部屋数も多く、建物規模も大きくなるので専門の管理会社に委託することになります。管理会社は家賃の回収から共用部分の清掃、設備の定期点検や住民からの苦情の対処に至るまで全てをやってくれます。管理会社の中にはサブリースといって空室が出た時の家賃保証をしてくれるところもあります。適切な管理会社の選び方ですが、できればマンションのあるエリアに事務所がある業者を選んだ方が何かと便利です。トラブルの時にもすぐに駆けつけてくれますし、エリア情報に精通しています。これから不動産投資をするなら、良い管理会社を見つけることも大事です。